目次

 

04 ・・・・・・ きっかけK様ご家族

 

06 ・・・・・・ 普段の暮らし

 

11 ・・・・・・ 間取り誕生秘話

 

12 ・・・・・・ 夢が叶った場所

 

14 ・・・・・・ トリノスさんインタビュー

 

18 ・・・・・・ これからの暮らし

 

22 ・・・・・・ 巣のこだわり

物件情報

所在地:尾張旭市

種別:戸建て

施工面積:179.18㎡

建築年:2004年

施工期間:3ヶ月

左下頁 クリック
01
暮らしを、つなぐ。

vind
スウェーデン語で『風』

風が通る家にしたい。

そう思ったのがきっかけで

始まった、リノベーション。

私らしい巣まいと暮らし。

vol.111
02 03
K様ご家族

妻と知り合う前からこの家があり、もちろんこの家には妻の想いや希望は反映されていませんでした。家族が増え、間取りと暮らし方が合ってないかもと思った頃、リノベーションを知りました。築十年程度でしたし、一階には両親も住んでいるので、建て替えは考えませんでしたね。でも家族の暮らし方も考えられた家にしたかったので、リフォームではなく、リノベーションを選びました。

05

家族に合った暮らし方、風通しを良くしたいと思ったのが、我が家のリノベーションの始まり。

04
掃除道具にもこだわり
07

漆喰や無垢の床。憧れていましたが、メンテナンスが心配で。でも、それほど神経質に考えることなく、愛着を持つことで、自然に掃除するようになるかなと。実際、大切な家具は丁寧に掃除するようになったし、掃除機がけも

進んでするようになりましたよ。

普段の暮らし
06
09
「みてみて」 「何書いてるの?」 「ナイショ」 08
間取り誕生秘話

話していました。そしたら妻が一言、「ウォークインクローゼットの床を全部あげれば?」って。大胆な発想に驚きましたが、これが大正解。ロフトへ上がる階段の勾配も無理がなくなり、動線に立体的な変化が生

まれたことで、他にはないオリジナルな空間になったと思います。唯一の後悔は、ウォークインクローゼットの中の電気。コンセントをつければよかったのと、クローゼット内の照明をつけた時に、寝ている家族が起きないように奥だけ明るくなるようにしたらよかったと思いました。

ロフト収納は活かしたい。でもそこまでの階段をどうするか、設計担当者さんも交えてああでもない、こうでもないと

11
ぼく終わったー

家は心が穏やかになる場所。安心できる場所。子どもの成長をより意識するようになりました。

10
「チョークついたー」
思わず笑みがこぼれるこの眺め 13

大きな食洗器とガスオーブンをビルトインにするのが夢でした。食器や鍋はもちろん、五徳ごと洗えるし、共働きで時短が必須の我が家では大活躍!

夢を叶えた場所

リビングからまっすぐ見える炊飯器がイヤだなと思って、扉をつけてもらいました。使う時だけ引き出して、普段はスッキリ収納です。細かい希望をひとつひとつ、機能的にかつおしゃれなアイディアで解決して下さったのにはさすがプロだなぁと思いました。

12
イ
ン
タ
ビ
ュ
ー
トリノスさん

リノベーションを考え始めた頃「トリノス」の前を何度か車で通りかかって、最初は「オシャレな雑貨屋さんかなー」くらいでしたが、ある時、店舗のガラスに「リノベーション」とい

う言葉を見つけて!気になってネットですぐ検索。ホームページに載っていたいろいろな家を見て「こんな家に住みたいなぁ」と憧れを抱き始めたんです。実際に相談会や見学会、担当の方と話しをして、ここなら理想を叶えてくれそうだと思ったのを覚えていますね。最初に作っていただいたLDKのイラストがとても素敵で、『我が家がこんな風にかわるの!?』という驚きと、

『こんな家に住みたい!』という期待で、テンションがあがりました。

打合せ中も、想いを伝えると、その場ですぐに立体的なイラストを描いてくれたおかげでイメージがしやすかったです。決めることはたくさんありましたが元々、夫婦で意見があまりぶつからない事もあったのか、段取り良くいろんなサンプルを見せてくださった

 

り、おススメを教えてくださったりしたので、スムーズで楽しい打合せができました。印象的だったのは、タイルとキッチンの天板を決める時。設計担当さんの提案がこちらの想いとぴったりで、即決しました。なぜこちらの好きな色や雰囲気を知っているのか、全て見透かされている気がして驚きましたよ。時折、設計担当さんから良い意味でのダメ出しがあったおかげで、余計な迷いが吹き飛びました(笑)。

※施主さまのコト

14 15

リノベーション前と面積は変わっていないのに、以前より広がりを感じるようになりました。ちょっとした間取りの変更がこんなにも印象を変えるのかと驚いています。遊びに来てくれた友達に雰囲気がとても変わって素敵な家だと言われ、とても嬉しかったです。

つい色々説明したくなるのですが、説明しなくてもこの空間が十分伝えてくれているように思います。

16 17
決めていた照明、愛着もひとしお
19

家具も照明も、永く使えて味わいのあるものを探しました。ダイニングテーブルは憧れていた円形。階段と畳スペースの照明は地元のガラス作家さんのもの、ダイニング照明は手づくりの真鍮製と決めていました。これからも我が家に合うもの

を少しずつそろえていきたいと思います。

これからの暮らし
18

この家で子どもの成長を見守っていけることが嬉しくて。まだ子供も小さいので、おもちゃが散乱することも、食べこぼしにため息もでますが、近い将来、一緒に片付けをしたり、収納を工夫したりして、この家を好きになってもらえたらと思います。

我が子と同様に、我が家も大切に手をかけ、風通しのいいこの家で、家族みんなで楽しく暮らしていきたいと思っています。

21

料理やお菓子づくりのお手伝いをしてくれる上の子。いつか下の子も一緒に、家族みんなでキッチンに立つ時間が楽しみです。

20

急勾配だったロフトへの階段を、踊り場兼ウォークインクローゼット通路としたことで、階段の勾配が緩やかになり、昇り降りも安心です。

黒板では子供たちが絵を描いたり、飾ったり、行事予定の伝言板にも!その下に設置したフックは家族の鞄置き場になりました。場所を決めることで迷子になりません。

ソファは枠をオーダーで製作し、中のクッションは、以前から使っているものをはめ込みました。畳コーナーのサイズとも合わせてくつろぎのスペースになりました。

最初の提案から少し奥行きを大きくしてもらったという棚。ファイル立てに色々入れて、ピッタリ、スッキリ。収納上手の第一歩はサイズと量の把握から!

リビングから見えてしまう炊飯器。これを隠そうと扉付きの収納に。扉を閉めれば、ぽっかりと空いている空間がなくなったので、統一感も増します。

エアコンが苦手な奥様がリノベーションを考えるきっかけになった風通し。窓の向こうは洗面所なので、プライバシーを考えて高い位置に設置。気持ちの良い風がリビングを抜けます。

巣のこだわり

家づくりの参考になるヒントがたくさん!

トリノスさんの『これよかった!』を集めてみました。

キリトリ キリトリ キリトリ キリトリ
キリトリ キリトリ キリトリ キリトリ
キリトリ キリトリ キリトリ キリトリ
22 23
完 暮らしを、つなぐ。 vol.111 2018/09/27 発行・販売:株式会社アネストワン 愛知県名古屋市名東区八前2-713 052-777-2441 撮影協力:K様邸 カメラマン:サジヒデノブ

「自分らしい家づくりしたいな」と、思い立ったらまず一歩。

相談会 自分らしい家づくりって何から始めよう、 どうすればいいんだろう。
イベント 実際に見られる見学会や、家づくりが どんなものか分かる勉強会ってない?
資料請求 アネストワンってどんな会社なのか 知りたいなぁ。
編集後記

施工事例改革の初回ということで、K様ご家族には本当にお世話になりました。試行錯誤を繰り返しながら、これから更に良いものにしていきたいと思います。下の子が「ママー」と呼んだ先に知らない人(私)が居て驚き、最後まで警戒されていました。(笑)それでもお兄ちゃんと一緒に走ったり、お絵かきしたり、ご家族皆さまにご協力いただき完成しました。有難うございました。

24

株式会社アネストワン[アネストワン一級建築士事務所]

〒465-0018 愛知県名古屋市名東区八前2-713

TEL:0120-65-2441 または052-777-2441

 

▮会社概要

▮施工エリア