リノベーションは名古屋のアネストワン

スタッフブログ

オススメの観葉植物

暑中お見舞い申し上げます。

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

長かった梅雨が明けたと思ったら、ギラギラの酷暑日。

カラダがなかなか付いていきません。

 

さて、そんな暑い日でも、目に爽やかを運んでくれるお薦めのグリーンをご紹介します。

事務所一階の打ち合わせスペースの天井から下がっている「吊り下げ系」。

名前を「ディスキディア」といいます。

ディスキディアにはいくつかの種類があるようですが、こちらはディスキディア・ベガレンシス・バリエガータと呼ばれている種類だと思います。

「エメラルド」とも呼ばれているみたいですが、エメラルド色よりはスモーキーなライトグリーンの可愛らしい葉に、クリーム色の斑が入っていて、何とも愛らしい佇まいです。

生命力溢れるというよりは、繊細で可憐なイメージ。目に涼やかさを運んでくれます。

一年を通して半日蔭を好むようです。水やりに気を付ければ(上げすぎない、メリハリ必要)、スクスクと育ってくれます。

最近花屋さんでも見るようになってきました。少しお値段が張りますが、気になる方はぜひお家に迎えてあげてください。

 

もう一つは・・・ホヤと呼ばれている種類のグリーン。

日本の南部から熱帯アジア、オーストラリア、太平洋諸島などに200種類ほど分布しているようです。

事務所には、代表的な品種の「ホヤ・カルノーサ」がいます。

前述のディスキディアは、スクスクという言葉がぴったりなのですが、こちらのホヤはニョキニョキ・グングンが似合うかも。

何も変化がなく静かだなと思っていたら、急にツルがビョーン!と伸びてきます。

本人にしか分からない、成長するタイミングがあるんでしょうねー。

生命力あふれる肉厚の葉っぱや勢いのあるツルに、頼もしさを感じます。

こちらもお花屋さんで見かけることが多くなっています。買いやすいお値段であることが多いですので、一度覗いてみてくださいね。

 

最近販売されている観葉植物は、毎日水やりが必要なものはほとんどありません。

「直射日光NG、半日蔭」「水のやりすぎはNG」

そんな育て方のほうが多いです。

 

グリーンは暮らしに潤いを与えてくれます。

おうち時間を心地よいものにするためにも、皆様ぜひチャレンジしてみてください。

アンテナショップ「巣まいと暮らしの店トリノス」でも暮らしに取り入れやすいグリーンも販売しています!

 

依田

PAGETOP