マンションリノベ「kolme」

2024/02/22

戸建にお住まいでしたが、車椅子を使っていらしゃるお母様が暮らしやすくなるようにと住み替えを決意。

ほどなく良い物件と巡り合い、マンションリノベがスタートしました。

車椅子でも動きやすい動線・通路幅、転回できるスペースを考えて、プランニング。

お母様が車椅子に乗ったまま、趣味のお裁縫を楽しめるミシンスペースも設けています。

これからお料理を頑張りたいとおっしゃる娘さんのために、広めのパントリーがあるキッチンスペース、そしてお仕事がお休みの日にゆっくりテレビを見ながら過ごすスペースを。猫ちゃんにはキャットウォークや専用通路を設けて、家の中をストレスなく自由に動けるよう工夫しています。ゴハンの場所やトイレスペースもプランの中に組み込みます。

コンセプトは「母・娘・猫ちゃんが心地よく暮らせる家」。

施工事例名の「kolme」はフィンランド語で数字の「3」。設計担当者の想いがこの名前に込められています。

物件データ

所在地:名古屋市天白区 種別:マンション 専有面積:86.2㎡

所在地:名古屋市天白区
種別:マンション
専有面積:86.2㎡

2024/01/09
新しい現場がスタートしました。マンションリノベです。すっかり解体が終わり、スケルトンになりました。お住まいになるお客様のライフスタイルに合った新しい住まいのカタチが、ここから出来上がっていきます。
床をめくるといろんな配管が登場。排水管、水道管、ガス管などなど。これらを動かせるかどうか。新しく間取りを考えるときに、PS(パイプスペース)の位置と合わせて、重要なポイントになります。
2024/01/20
解体が終わり、大工工事が始まりました。こちらの物件は二重床の仕様を採用しています。こうすることで給排水管の取り回ししやすくなり、間取りの自由度が上がります。フラットな空間に仕上がるのも〇。奥に見えるのはユニットバスのスペースです。
2024/02/10
大工工事がどんどん進んでおります。壁がついて、新しい住まいのカタチが見えてきました。右上のレーンと壁の可愛らしい穴!何だと思われますか?
キャットウォークです。部屋の上部に猫ちゃん専用の通り道を作りました。壁の下部にも抜け道があります。こんな素敵なお家で、幸せですね!
2024/2/16
大工工事も終盤に差し掛かってきました。こちらは車椅子を使っていらっしゃるお母様のお部屋にある、造作カウンターデスクです。車椅子でも使いやすいよう、下部空間の広さを調整してます。
玄関を入った正面には小さな室内窓が付いた壁が。実はこの裏にトイレのドアがあったため、目隠し用の壁を新たに造作。設計担当者の心遣いが効いています。