リノベーションは名古屋のアネストワン

現場日記

SILTA

ご両親がこだわって作られた戸建を受け継いだI様。羽目板貼りの天井やエントランスの下駄箱、和室など、素敵なところは活かしながら、I様のお暮らしにフィットするようにリノベーションしていきます。
ほどよい距離感でご家族が同じ時間を過ごす事ができるよう、壁付けのキッチンを対面型のオーダーキッチンに。キッチンスペースがご家族にとって多目的な居場所となるように、キッチン横に作業机をレイアウトしています。
無垢材のフローリングや漆喰壁など、経年と共に住まいの魅力が増す本物の素材を使用。素材を厳選したり動線の無駄を省いたりと、極力シンプルな空間構成にしました。
ご両親からI様へ、I様からお子さまへと住み継ぐための「橋渡し」となるようなお家ができあがっていきます。

物件データ

所在地:名古屋市南区 種別:戸建 延床面積:157㎡

2022/8/29

玄関に印象的な木製の造作物があり、こちらを活かしてリノベーションしていきます。今の玄関ドアも素敵ですが、お取替えをする予定です。

既製のお風呂は在来工法のピンクのタイルの浴室でした。ユニットバスになりますので、今よりも温かくお過ごしいただけると思います。

2022/9/5

RCの立派な一戸建てなので壁構造になりますが、キッチンから天井材、壁材、ドアなど解体して、スケルトンにしていきます。キッチンの既成の黄色のタイルがかわいいです。

2022/9/24

床の下地を組んで、水回りの配管の施工をしています。実は、床下をめくり、シロアリの発生を発見しましたので、防蟻工事もさせていただきました。これから長く住んでいただくので、安心できますように。

ここは、鉄筋コンクリートのお家で壁構造でしっかりとした造りです。床をめくると、どうしても段差が生じますので、コンクリートを流し込んで、段差を解消し、ユニットバスなどを設置します。

元々勝手口があって、キッチンがありました。ご家族用の玄関のため、土間スペースを広くとり、靴を置いたり、収納スペースを作ったりと、便利になります。

2022/10/4

RC構造の場合、躯体に仕組まれているので、コンセントやスイッチの移設は大変です。壁をふかして移設をしていきます。

天井も組み直しています。こうしますと、照明の位置やダクトなどの位置変更もしやすくなります。

2階に上がる階段です。階段の床材や壁も貼り直していきます。階段の正面に窓があり、玄関が吹き抜けているので、明るいです。

今まで壁付けキッチンからリビングに向いた対面キッチンになります。その奥がパントリー、土間、勝手口という動線になり、便利になりそうです。

2022/10/19

少し間が空いてしまいました。申し訳ございません!リビング天井は、シナベニアを目透かし貼りに。着色をするのでもう少し落ち着いた雰囲気になります

家族用玄関からキッチンに入る入口は上吊戸になります。

廊下の洗面や脱衣所の入口に木製ドア枠を取り付けしました。

2022/10/29

キッチンの窓下に作業カウンターを設けました。画面右側にはガスコンロが。お料理しながら自分の時間が楽しめます。

勝手口玄関の正面デットスペースに収納棚を新設。ガーデニング用の道具や小物の収納に。外からアクセスしやすくとても便利です。

2022/11/02

木部に塗る塗料を調色しています。設計とお客様が相談して、色を決めていきますが、イメージに近い色を生み出していくのも面白いですね。

洗面台の壁にタイルを芋目地で貼っていきます。叩きながら馴染んでいくように、丁寧に施工していきます。

2022/11/17

少し時間が空いてしまいました。申し訳ございません!廊下の壁の漆喰が塗り終わりました。天井は既設の木を活かしていますが良い雰囲気です。

LDKの天井も塗り終わりました。壁は新たに木を貼りましたので、北欧のインテリアのような優しい風合いを感じることが出来ます。

2022/11/25

オリジナルキッチンを配置しました。リビング側は、上部をオープン収納、下部は収納扉を付けました。お気に入りのものをディスプレイしつつ、すっきりと片づけることができます。

リビングのドアをオリジナルで作りました。木の質感と輸入ガラスの組み合わせが、空間に奥行きを出してくれます。

PAGETOP