リノベーションは名古屋のアネストワン

現場日記

lazo

ご両親から引き継いだ実家の戸建(RC造)のリノベーショです。お施主様の幼いころの思い出が詰まった場所であるこの場所を繋いでいきます。
断熱工事、内窓工事を行い夏の暑さ対策を施し、北面の玄関と南面の開口(窓)及び3F北面の開口を活かした風の通リを確保。
将来の生活を見越し、生活の中心を2Fに集約し、南面と東面の開口(窓)からの採光を存分に取り入れるプランにしました。

物件データ

所在地:名古屋市北区 種別:戸建 延床面積:132㎡

before
2020/10/12

(1枚目)施主様の実家をリノベーションします。元の和室の床組みを解体しています。
(2枚目)家族の歴史が刻まれていたり、年季の入ったお家を壊していくのは、感慨深いですね。

2020/10/19

(1枚目)RC造のお宅を解体しました。3階建ての戸建ですが、マンションのようですね。
(2枚目)見事なスケルトン状態です。給水菅のヘッダーが取り付けられました。

2020/10/26

(1枚目)戸建ですが、鉄筋コンクリート造なのでマンションりのべーションのようです。プラスターボードを貼るための下地組みをしていきます。
(2枚目)窓からの日差しが眩しいですね。一部外壁から雨漏れをしていましたが、補修をして外壁塗装がすでに施されいます。後は室内を下地組みからやり直していきます。

2020/10/26

お水、お湯、排水菅を新たに配管し直します。この先20年、30年と安心して過ごせますように。

2020/11/2

(1枚目)さあ、これから大工工事が本格的に始まっていきます。お部屋の真ん中が真四角にへこんでいる所はユニットバスが設置されます。
(2枚目)手前にちらっと見えていますが、これから断熱材を施工してきます。

2020/11/2

整然と木下地が組まれている姿は美しいですね。

2020/11/9

(1枚目)床が綺麗に下地組みされました。これから床材を貼っていきます。
(2枚目)とても日当りが良いですね。無垢の床材を丁寧に貼っていきます。緑の刺さっている札は、無垢フローリングの隙間を均等に作るためのものです。

2020/11/9

実は、リビングの真ん中にユニットバスが組まれます。リビングから洗面、お風呂へと移動ができますのでヒートショックが軽減できます。

2020/11/18

(1枚目)壁に下地が組まれました。右がユニットバス、左が洋服を作るアトリエスペースです。
(2枚目)東側の壁は元々キッチンでしたが、断熱材をびっしりと施工していきます。

2020/11/18

床は将来を考えて、極力バリアフリーで計画をしています。戸建ならではの融通があります。

2020/12/1

(1枚目)リビングの入口です。ドアの上は木枠が取り付けられ、ガラスがはめ込まれる予定です。そして、右の壁の四角い凹みはニッチになります。
(2枚目)上からぶら下がっている銀色のダクトの下にキッチンが据え付けられます。その奥のスペースはパントリーになります。

2020/12/1

洋裁をされる施主様のためのアトリエ。室内窓もあり、ボードが貼られました。さて、壁はどんな仕上がりになるのでしょうか。

2020/12/17

(1枚目)リビングの入口です。玄関ドアからリビングの南側の窓へとつながっているので、風が通りぬけそうです。
(2枚目)寝室の収納です。面白い形ですが、それぞれ収納するものをイメージしながら形づくられています。

2020/12/17

洋裁をされるためのアトリエの内窓です。アトリエにもたっぷり光がはいりますね。

2020/12/24

(1枚目)アトリエの室内窓の木枠を染色しました。落ち着いた色味です。
(2枚目)パントリーの収納の木部も塗装しました。既設の窓も塞がずにに活かしています。

2020/12/24

アトリエスペースに作業をするためのカウンターが設置されました。

2021/1/6

(1枚目)電気工事の仕上げに入っていきます。コンセントの位置を決めて、取付をしていきます。
(2枚目)こちらはニッチの中にインターフォンや給湯器のリモコンの取付をしてきます。

PAGETOP