リノベーションは名古屋のアネストワン

現場日記

taivas

名古屋市内の住宅地の道路から階段を登りきった所に建つ、築40年超えの雰囲気ある平屋のリノベーション。
くの字に曲がったお家の形を活かすため、壁を一部撤去。キッチンからリビングダイニングへと視界が抜けて、広さを感じられるようにします。
広い庭があり、周囲の隣家との距離が保たれているため、陽当り良好。
タイトルの「taivas」はフィンランド語で「空」。広い空を感じながら暮らせるお家へとリノベーションしていきます。

物件データ

所在地:名古屋市千種区 種別:戸建 延床面積:106.9㎡

before
2020/11/05

(1枚目)元和室や在来工法のお風呂や床や壁を解体をしていきます。撤去してはいけない筋交いは表しで残していきます。
(2枚目)高台にあるL型の平屋の戸建てです。サッシの全面には大きなウッドデッキがありましたが、そちらも解体をしました。

2020/11/09

(1枚目)解体すると想像以上に綺麗な天井そして、梁が見えてきました。
(2枚目)床を解体するとこんな感じです。築年数の割に丁寧に施工されている様子が伺えます。

2020/11/17

(1枚目)新しいお部屋の構成や役割に合わせて、照明やスイッチ、コンセントの配線をし直していきます。
(2枚目)少しでも断熱性能があげられるよう断熱材を施工していきます。

2020/11/25

(1枚目)随分新しい壁の下地や新たに筋交いが取り付けられました。解放感を持たせながらも、躯体として強固な建物にしていきます。
(2枚目)元々お風呂や洗面だった場所の壁はタイルで施工されていましたが、壁で囲いユニットバスなどを設置していきます。

2020/11/25

L型の平屋です。ウッドデッキを解体するとすっきりとした外観になりました。

2020/12/8

(1枚目)新たな間取りに合わせて、照明やコンセントの配線工事していきます。
(2枚目)大量のプラスターボードが積まれています。これから1枚1枚貼っていきます。

2020/12/8

これまでは、在来工法のタイル貼りのレトロな浴室でしたが、新たにユニットバスが設置されました。ドアの枠は黒でシックなイメージですね。

2020/12/17

(1枚目)プラスターボードが全面的に貼られました。斜めに腰壁見えているのはキッチンです。
(2枚目)元々壁で仕切られていたダイ二ングと和室の壁は取っ払いました。表しの筋交いで補っているので新たなLDKは解放感でいっぱいです。

2020/12/17

洗面台の下台が取り付けられました。朝の身支度も楽しくなりそうな広々とした洗面台です。

2020/12/24

(1枚目)キッチンになる場所で、奥には勝手口があります。仕上げが何になるか壁に書かれています。
(2枚目)天井は目透かしをいれた木を貼り、着色をしました。柱の色ともよく合っていますね。

2020/12/24

(1枚目)洗面になる場所です。洗面の下台が設置されました。
(2枚目) 木の柱や筋交いは良い感じに着色されました。とても明るいLDKになりそうですね。

2021/1/7

(1枚目)リビングの壁を漆喰で仕上げました。木部とのコントラストが際立ちます。
(2枚目)ネイビーの差し色が空間を引き締めますね。

2021/1/7

玄関廻りです。元々の玄関の土間の石の感じが良いです。

PAGETOP