リノベーションは名古屋のアネストワン

pesä

ペサ

『pesä』とは、フィンランド語で「巣」

三角屋根とグレーの漆喰壁が印象的な外観。
室内の所々にRの曲線を取り入れながらも、甘くなりすぎないように素材や色のバランスも考えてデザインしました。
吹抜けのある開放的なLDKには大きな出窓をつくり、斜面を活かした広々とした庭が眺められます。モールテックスのキッチン、漆喰の壁、タイル、チークの無垢フローリングなど、素材や色合いまでこだわりを詰め込みました。
1階にファミリークローゼットやランドリールームを設けるなど、家事動線・生活動線を意識した間取りで、本当に暮らしやすい理想の「巣まい」が完成しました。

物件情報

  • 所在地:名古屋市緑区
  • 種別:戸建
  • 構造・規模:木造

PAGETOP