リノベーションは名古屋のアネストワン

ympyrä

ウンピュラ 

『ympyrä』とは、フィンランド語で「円」

平和が丘公園が近く、緑の多い住宅街のマンションのリノベーション。インテリアにこだわりのあるご主人とグリーンが好きな奥様、小学生と幼稚園の男の子の4人家族。ダイニングは購入予定だった丸テーブルが設置できるよう計画し、また、奥様がガーデニングを愉しむことができるようにバルコニーとの繋がりをもたせました。リビングの横には家族が自由に使えるように書斎を配置し、パソコンや勉強、読書などⅬDKとのつながりを感じたまま、個室にもなる間取りに。書斎から寝室へWICを通路のようにして行き来できる動線になっています。必要な場所に収納がしっかりと用意されているので隠したいモノ、見せたいインテリアとメリハリがついています。広めのⅬDKに自然に家族が集まる、心地良い空間が出来上がりました。



施主様にきく 家づくりストーリー 暮らしを、つなぐ。



F様ご家族の紹介


東山公園からほど近いマンションにお住まいのK様ご一家。
子煩悩でインテリア好きなご主人は、健康の為に始めたジョギングがご趣味。
お母様の影響で自然にグリーンが好きになったという奥様は、ガーデニングがお好きでフラワーアレンジメントも習っていらっしゃるそうです。
弟が可愛くてついちょっかいを出してしまう小学生の優しいお兄ちゃんと電車が大好きで休みの日はお父さんに作ってもらった紙の電車模型で遊ぶ幼い弟くんの4人家族です。
リノベーションを選んだ理由と物件探しでの条件は?


私は戸建で育っているので、最初は新築も考えたのですがマンションで育った妻に「もしあなたが単身赴任等で家を空けることになった時、セキュリティーが心配だからマンションが良い」と言われたこと、また都心で暮らすことからやっぱりマンションかなぁと。
ただ新築のマンションを見てみても、間取りや内装がどれも同じようなものばかりで「買いたい!」と思える物件に出会うことができずにいました。

子供たちのことを考えると学区のことや私の通勤のための駅からの距離、家族4人がゆったりと暮らせるだけの広さなど、ゆずれない条件も多くあったことからリノベーションを決意しました。

見つけた物件は条件を全てクリアしていたわけではありませんが、ほぼ自分達の希望通りで、築10年以内、販売会社もしっかりしていたので中古でも特に心配はありませんでした。
その後アネストワンをインターネットで知り、自分たちの趣味と合っていたのでお願いすることに。

設計や工事の方々にも良くして頂いて満足しています。
遊びに来てくれた友達や家族には、普通の分譲マンションにない間取りやデザインを羨ましがられます。
設計プランについて教えてください。


家族が集まれるリビングを作ることが夢でした。
ネットや雑誌でイメージを集めて、設計担当の方に見せながら家の理想像を伝えていきました。

北欧家具屋さんで見つけた丸型のダイニングテーブルを新しく設置したいと思っていたので、それに合わせて広さを計画してもらうことに。
またそれまで住んでいた家のキッチンが広くて料理をしながらリビングダイニングの様子を見ることができて便利だったので取り入れてほしいことや、生活感をできるだけ出したくないので収納はしっかり確保したいことも伝えました。

かなり好き勝手言いましたが、こちらの好みを汲み取って色々な提案をしていただき、きっちりと受け止めてもらえているなと感じました。
一つ一つの色や素材を選んでいけたのも楽しくて、良い経験になりました。

家具は手持ちのものが多かったので、色が合うか広さは大丈夫かと心配になり、工事中も待ちきれなくて現場を見に行ったりもしました。
完成引渡しの時は想像以上の出来栄えにとても感動したのを覚えてます(笑)
好きな物やしたい事のイメージ図などを出来るだけ集めて、悔いのないように伝えると良いと思います。
きっと思い描いていた以上の形にしてくれると思うので。
新しいお家での暮らしはいかがですか?


要望通りの“家族が集まれるリビング”になりました。
キッチンに居ながらスタディルームの子どもの気配を感じることができると喜ぶ妻は、暖かくなってきたのでリビング南側にあるバルコニーでガーデニングを始めたみたいです。

子ども部屋のドアの位置を、寝室のドアと横一列に並べたことで、リビングと全ての空間が繋がっているように感じられて大変気に入っています。

私は昔から木の素材感のある家具が好きで購入してきましたが、妻の影響もあってか最近は北欧やヴィンテージものにも心掴まれつつあります。
ダイニングの丸テーブルはまさにそうで、ダイニングに見える丸くて優しい無垢の雰囲気が家族団らんにぴったりでこちらにしてよかったと思いました。

クロスにはない表情と質感に憧れていた塗装壁や、無垢の床、キッチンの背面のモールデックスなども取り入れてよかったと思う素材です。

東京へ行った際に実際に見て決めた玄関正面のミナペルホネンのタイルは色のバランスをコーディネーターさんにお任せして施工してもらいました。
家づくりは人の手で一つ一つ進めて行くんだなぁと実感しました。そして同じものは二つとないことに満足感もひとしおです。

物件情報

  • 所在地:名古屋市千種
  • 種別:マンション
  • 専有面積:104.03㎡
  • 築年数:2007年
  • 施工期間:3ヶ月

PAGETOP