リノベーションは名古屋のアネストワン

Morgenrot

モルゲンロート

『Mongenrot』とは、ドイツ語で「朝焼け」

インドアからアウトドアまで、多趣味なご夫婦の二人暮らし。
床、壁、天井に様々な素材を使い出来上がる空間に、ディスプレイのお仕事をされている奥様と、そんな奥様から絶対の信頼をされているご主人の色が加わる事で楽しい空間ができ上がります!
玄関を開けたところから広がる趣味の世界、元々の間取りでは納まりきらないご夫婦のライフスタイルに対応できるように大らかな間取りへリノベーションしました。



施主様にきく 家づくりストーリー 暮らしを、つなぐ。




O様ご家族の紹介

登山やキャンプが大好きな、明るくて愉快なご夫婦です。
お暮らしになっているマンションで、もっと居心地よく過ごせるようにとリノベーションをされました。
玄関に土間とガレージを設けるほど理想を詰め込んだ家づくりをされたO様に、お話をお聞きしました。
リノベーションのきっかけを教えてください

2人で暮らすには部屋数が多かったことと、たくさんある趣味の道具の片付けをしやすい部屋にしたかったのでリノベーションを検討しました。
アネストワンの施工事例が、妻の理想に近いデザインだったため依頼をしました。
設計のポイントはどこですか?

改善したいと思っていた「趣味に合った動線」「無駄なスペースをなくす」という点です。
ガレージで登山やキャンプ用具の支度ができるようになり、室内で洗濯物を干すスペースも確保されて空間を有効活用できるようになりました。

洋服が紫外線に当たって日焼けしないよう、直射日光が当たらない衣裳部屋も作っていただきました。少し狭いのですが理想的な部屋になりました。
一番のこだわりは、思いっきり趣味を愉しめる「楽しいお部屋」を作ったことですね。
ガレージのこだわりや活用方法について教えてください

玄関はガレージ感を出したかったため、工場やバイク屋のようなトタン板を使用しました。
このチープ感がたまりません!設計担当者との打ち合わせでも、このトタン板の色を決める時が一番楽しかったです。
ガレージでは、キャンプ用具の準備以外にも、DIY・ペンキ塗りなどの作業場としても活用しています。
汚れても掃除すれば良いので、気軽に作業できるようになって助かっています。
ガレージにも趣味の物を陳列できるよう、棚などの什器を付ける時に抵抗無く穴をあけられる壁にこだわりました。
しまい込んでいた過去の趣味の物などを店舗のようにディスプレイしてよみがえらせています。
お暮らしはいかがですか?

玄関ドアを開けるのが楽しみになりました。
玄関に入った時の、店舗のような雰囲気が理想的です。
同僚から「マンションの一室とは思えない、男にはたまらない家だ」と褒められました。

とにかく趣味優先の夫婦なので、もしかしたら土間やガレージの雰囲気も、その時の趣味に応じて変わっていくのではないでしょうか。
その都度レイアウトを変えながら、ずっと楽しく暮らせるお部屋にしていきたいと思っています。

リノベーションを考えている方へのアドバイスとして「これから自分たちが永く住むお部屋なので、やりたいことをやってしまいましょう!」とお伝えします。
こうして私たちも理想の暮らしができるようになったのですから。

物件情報

  • 所在地:名古屋市郊外
  • 種別:マンション
  • 専有面積:87.3㎡
  • 築年月:1990年
  • 施工期間:2.5ヶ月

PAGETOP