リノベーションは名古屋のアネストワン

grün

grün

名古屋市郊外にあるS様の奥様のご実家を、二世帯住宅にリノベーション。 家族全員でくつろげる広いLDKを実現できるよう、キッチン・和室・縁側をつなげ一部屋に。またS様ご家族もご両親も使いやすいような共有の水廻りスペースや収納を配置し直し、限られたスペースを有効活用しました。 ドイツ語で『緑』という意味であるタイトルの通り、S様ご夫婦のお好きな色である緑を様々なトーンや表現を使いながら各部屋にコーディネートします。 二世帯がそれぞれ快適に暮らせる住まいへと生まれ変わりました。
S様ご家族の紹介

ご夫婦と二人のお子さん、奥様のご両親と二世帯でお住まいのご家族です。
自転車が趣味というご主人とDVDや音楽鑑賞がお好きな奥様。自転車を通じたつながりが、今回のリノベーションのきっかけにもなったそうです。
お姉ちゃんは広くなったリビングで大好きなダンスをしたり、ピアノを弾いたり。リビングにはいつも家族が集まって笑い声が絶えず、にぎやかです。

今の暮らしとそこに至るまでの経緯について教えて下さい。

両親と一緒に住むこともあり、たくさんの思い出が詰まった家を壊してしまうのではなく、今ある家を残しつつ、住みやすくできればいいなと思っていました。そんなときに、主人の友人からアネストワンさんでリノベーションをしたと聞き、紹介してもらったんです。アネストワンさんの事例を見ていくと、自分たちが求める雰囲気にぴったり合って、気に入ってしまいました。ナチュラルで、なんだか懐かしいけど新しいような…そんな雰囲気です。勉強会のイベントに参加して、実際に話を聞いていくなかでイメージもだんだんと膨らんでいきました。
住み慣れたはずの家ですが、初めは慣れないことも多く、両親は少し戸惑ったようです。でも実際に住み始めてみると、家族みんながいつでも笑っているように思います。わたしたちの望んでいた、みんなが集まってゆっくりと寛げる場所ができました。リビングの窓が大きくなり、明るい日差しがたっぷり入るようになったので、家全体がとても暖かく居心地が良いです。この家は、家族みんなにとっていつも一番落ち着く場所であってほしいと願っています。
今の暮らしとそこに至るまでの経緯について教えて下さい。

両親と一緒に住むこともあり、たくさんの思い出が詰まった家を壊してしまうのではなく、今ある家を残しつつ、住みやすくできればいいなと思っていました。そんなときに、主人の友人からアネストワンさんでリノベーションをしたと聞き、紹介してもらったんです。アネストワンさんの事例を見ていくと、自分たちが求める雰囲気にぴったり合って、気に入ってしまいました。ナチュラルで、なんだか懐かしいけど新しいような…そんな雰囲気です。勉強会のイベントに参加して、実際に話を聞いていくなかでイメージもだんだんと膨らんでいきました。
住み慣れたはずの家ですが、初めは慣れないことも多く、両親は少し戸惑ったようです。でも実際に住み始めてみると、家族みんながいつでも笑っているように思います。わたしたちの望んでいた、みんなが集まってゆっくりと寛げる場所ができました。リビングの窓が大きくなり、明るい日差しがたっぷり入るようになったので、家全体がとても暖かく居心地が良いです。この家は、家族みんなにとっていつも一番落ち着く場所であってほしいと願っています。
プラン中苦労したこと、心配だったことはありましたか?

二世帯住宅なので、まず収納スペースが十分に確保できるのか?という心配がありましたが、テレビ裏に収納スペースを作ってもらったり、限られた空間を何とか工夫して設計してもらいました。
両親との共有スペースもあるため、個々のプライバシーについても心配でしたが、実際住んでみるとほとんど気になりませんでした。初めは娘のピアノも入るかどうか気になっていましたが、ぴったりと階段下に収まってくれたので安心しました。
広さのイメージは、思っていたよりも案外広いんだなと感じました。
家族全員で子供たちを見守る子育てを大切にしていきたいので、みんなが居心地の良いリビングをつくることと、リビング内に勉強スペースをつくることを希望しました。家の中で遊んでいても、お庭で縄跳びや砂遊びをしていても、いつも私たちの目が届くようになっているので安心です。
初めてのことばかりで不安はありましたが、プラン中はいつも楽しみながら進めることができました。

プラン中苦労したこと、心配だったことはありましたか?

二世帯住宅なので、まず収納スペースが十分に確保できるのか?という心配がありましたが、テレビ裏に収納スペースを作ってもらったり、限られた空間を何とか工夫して設計してもらいました。
両親との共有スペースもあるため、個々のプライバシーについても心配でしたが、実際住んでみるとほとんど気になりませんでした。初めは娘のピアノも入るかどうか気になっていましたが、ぴったりと階段下に収まってくれたので安心しました。
広さのイメージは、思っていたよりも案外広いんだなと感じました。
家族全員で子供たちを見守る子育てを大切にしていきたいので、みんなが居心地の良いリビングをつくることと、リビング内に勉強スペースをつくることを希望しました。家の中で遊んでいても、お庭で縄跳びや砂遊びをしていても、いつも私たちの目が届くようになっているので安心です。
初めてのことばかりで不安はありましたが、プラン中はいつも楽しみながら進めることができました。

こだわりのポイントについて教えてください。

一つはリビングと和室の間に設けた木製の窓。キッチン・リビングだけでなく、和室や縁側も合わせてつながりのある空間にしたかったので、この小窓が良い役割をしてくれています。可愛らしいつくりで遊び心があって、子供たちも喜ぶようなアイデアですね。二つめはヘリンボーンの床です。ヘリンボーンは私がいつも通っている美容院で使用されていて、いつか家を建てるときには絶対!と以前から考えていました。コストとしてはだいぶかかってしまいましたが、出来 栄えは大満足で、やはり正解でした。飽きることもなく、いつも眺めながらうっとりしています。ヘリンボーンの床や漆喰の壁はちょっと珍しいみたいで、遊びに来た友人にもおしゃれだねと褒められました(笑)。悩むこともたくさんありましたが、こだわったところが形になったときは嬉しいですね。これからリノベーションをされる方、いっぱい悩んでいっぱい夫婦喧嘩もしながら楽しんで、こだわりの住まいをつくりあげていってください!

こだわりのポイントについて教えてください。

一つはリビングと和室の間に設けた木製の窓。キッチン・リビングだけでなく、和室や縁側も合わせてつながりのある空間にしたかったので、この小窓が良い役割をしてくれています。可愛らしいつくりで遊び心があって、子供たちも喜ぶようなアイデアですね。二つめはヘリンボーンの床です。ヘリンボーンは私がいつも通っている美容院で使用されていて、いつか家を建てるときには絶対!と以前から考えていました。コストとしてはだいぶかかってしまいましたが、出来 栄えは大満足で、やはり正解でした。飽きることもなく、いつも眺めながらうっとりしています。ヘリンボーンの床や漆喰の壁はちょっと珍しいみたいで、遊びに来た友人にもおしゃれだねと褒められました(笑)。悩むこともたくさんありましたが、こだわったところが形になったときは嬉しいですね。これからリノベーションをされる方、いっぱい悩んでいっぱい夫婦喧嘩もしながら楽しんで、こだわりの住まいをつくりあげていってください!

物件情報

  • 所在地:名古屋市郊外
  • 種別:戸建
  • 延床面積:96.85㎡
  • 築年数:1977年
  • 施工期間:3ヶ月

PAGETOP