リノベーションは名古屋のアネストワン

昭和区の築30年のマンションのN様邸。角部屋で、窓からの景色がとても良い物件を、家事と子育てがしやすいように回遊性をもたせ、各部屋に収納量を重視した間取りにリノベーションしました。リビングの小上がりはこもり感のあるスペースになっており、小上がりの上は隣の子供部屋のロフトとして活用されています。床の一部をヘリンボーン貼りにしたり、キッチンにタイルを使用したりと色や遊び心も取り入れて、N様のこだわり抜いたお宅に仕上がりました。



施主様にきく 家づくりストーリー 暮らしを、つなぐ。




N様ご家族の紹介


共に研究・開発職をされている30代ご夫婦と2歳の女の子の3人家族。
ご主人の趣味はDIYで、最近では本棚などをご自身で作られたそうです。

N様家族にとって、いつも「安心できて癒される場所」である家。
暖かい日差しが入るリビングが、家族3人の憩いの場となっています。
ナチュラルとシンプルをベースにしながらも、N様家族らしい色合いをつけて暮らしていらっしゃいます。
リノベーションをしようと思ったきっかけは?


元々は主人の会社のそばにある社宅に住んでいたので、私の通勤負担が大きくて、引越しを考え始めました。
戸建ももちろん魅力的でしたが、今後のコストや管理のことを考えるとマンションも良いなと思うようになりました。
自分たちこだわりのインテリアにしたいという憧れがあり、好きなように自分たちの色をつけていきたかったので、それならリノベーションが良いんじゃないかって。

具体的に調べていく中で、いくつか惹かれる施工事例を載せている会社はありましたが、私たちの希望のイメージに一番近いのがアネストワンさんでした。
これまでの実績などを見ても安心してお任せできそうだと思いました。

そこから、物件探しのサイトを頻繁にチェックして探していきました。
交通の便の良さ、治安の良さなど子育てのことを中心に考えながら条件を絞り、最終的には管理がしっかりしていることもあり、この物件に決めました。
お気に入りの場所やアイデアはありますか?


まずはリビングの小上がりスペース。
妻がもともと欲しいと希望していたもので、下は収納スペース、上は子供部屋のロフトになっています。今では子供のお気に入りの遊び場です。

当初から収納面にはこだわって設計をお願いしていたので、限られたスペースを有効に使えた良いアイデアだと思います。
洗面周りの収納についても、十分な収納量が確保できて満足しています。
また、家族が集まれる空間を大切にしたかったので、LDKの一体感を重視して、子供が小さいうちは常に目が届くよう、多くの時間を同じ空間で過ごせるように設計してもらいました。

その中で、あえてリビング部分の床だけをヘリンボーン貼りにしました。
無垢の床は肌触りもとても良く、気に入っています。
ベランダのウッドデッキは、リビングから一続きに見えるよう床と同系色にして、奥行きを持たせることができました。
これから暖かくなってきたら、ベランダで子供と一緒に簡単な野菜を育ててみたいと思っています。
リノベーションを終えてみていかがですか?


自分たち好みの空間に仕上がり、居心地がとても良いです。
以前よりもリビングで家族揃って過ごす時間がぐっと増えました。
今では個室で過ごすことがほとんどありません。
空間が変わったことで、家族のあり方というかコミュニケーションも自然に変わっていくんだなと感じました。

プラン中はスケジュールにあまり余裕が無かったので、コストと希望とを十分検討しながら進めることが正直難しかったです。
それでも、自分たちの希望やイメージしたものが図面になって、目に見えるようになっていくことで、少しずつ実感が湧き毎回楽しみになっていました。
プランが具体化するにつれて狭さが心配になっていきましたが、実際に住んでみるとちょうど良いサイズ感で悪くなかったです。

最近はDIYがちょっとした趣味なので、あまり大きなものは作れませんが、これから新しいものに挑戦していきたいなと思っています。

物件情報

  • 所在地:名古屋市昭和区
  • 種別:マンション
  • 専有面積:69.7㎡
  • 建築面積:1985年
  • 施工期間:2ヶ月

PAGETOP