リノベーションは名古屋のアネストワン

名古屋市郊外の閑静な住宅地の広い庭を持つ戸建のリノベーション。
耐震補強を行いながら1階は大きく間取りを変更して奥様のこだわりがつまった家事動線を実現しました。
ダイニングはキッチン腰壁と一体の大きなカウンターを無垢のオーク材で作成。腰壁のモルタルとの相性も楽しみな箇所となります。
モノづくりが大好きなご夫婦。
以前アネストワンで実施した「手づくりタイル講座」で、自らつくったタイルを洗面の壁に使用しています。心地よく、温かみのある住まいとなりました。



施主様にきく 家づくりストーリー 暮らしを、つなぐ。



S様ご家族の紹介


ご主人は真面目で穏やか、奥様はおおらかでインテリアが大好き!というご夫婦です。
お2人ともDIYが得意で、リノベーションをしてからますますものづくりを愉しんでいらっしゃるそうです。

「ホッとして、包み込まれるような優しさを持つ場所。
誰も居なくても帰宅した時に、まるで家が「おかえり」と言っているようなあたたかい場所」
そのような空間を目指してリノベーションをしたと教えていただきました。
リノベーションのきっかけは何ですか?


家づくりを考え始めた頃、雑誌やInstagramなどでリノベーションを知りました。
建売はどれも同じにデザインに見えて、私たちにとってはあまり魅力的ではありませんでしたし、
注文住宅もこだわりを入れると予算オーバーになりそうだったので、候補から外しました。

せっかく何十年と住む家なので、こだわり抜いた空間にしたくてリノベーションを選択。
幼い頃からずっとマンション暮らしで、一軒家に憧れを抱いていたこと、母と同居の可能性もあったことから、
プライベートを確保出来る広さが必要だと思い、戸建のリノベーションに決めました。
理想の家について教えてください


落ち着いたカフェのような空間が理想でした。
そして、せっかくリノベーションするなら、なるべく自分達で空間を作り上げたいと思いました。
アネストワンの「手づくりタイル講座」に参加してタイルを作ったり、収納はセルフ取り付けにしたり。
とても楽しかったです!

「夢ノート」を作って、私たちのたくさんの理想を設計の方に伝えました。
そのおかげで、玄関ドアやアイアンの手摺、キッチンのすぐ横にダイニングテーブルなど、理想に近い形にしてもらえました。

特に、間取りは私が考えたほぼそのままの形で採用されました。
物干し部屋、造作家具など叶えられなかったところもありますが、今の暮らしでも十分満足しています。
手づくりタイル講座はいかがでしたか?


粘土を成型したり施釉したりする作業は、とても時間がかかりました(笑)。
できあがったタイルは、私たちが作りたかった形や色とは少し違いましたが、とても愛着の湧くものになりました。

講師の先生が少しでも理想のタイルに近づくように指導してくださったり、
他の参加者の皆さんも私たちのタイル作りを手伝ってくださったりと良い思い出です。
まだまだ使い切れていないので、DIYしたいと思います。
打ち合わせで楽しかったことは?


間取りが決まってリビングのパースを描いてもらった時と、憧れのスイッチの実物を見れた時がとてもテンション上がりました!(笑)

予算との兼ね合いがとても難しかったですが、打ち合わせはいつもワクワクで楽しかったです。
頭の中でイメージができていたので、仕様を決める時は迷いなく早かったと思います。
これからリノベーションをする方へのアドバイスを教えてください


好きなテイストの家や気になった写真や画像を見つけたら、必ず保存しておくこと。

そしてそれをそのまま採用するのではなく、我が家には本当に必要かどうかを見極めること。
打ち合わせの時はこちらからたくさん質問したり提案したりすること。(設計の方に色々任せすぎない)
これから家づくりについてたくさん勉強すると思いますが、住み始めてから色々気付くこと・後悔することもあるので、「自分が納得するまで日々研究!」という感じかなと思います。
暮らしに変化はありましたか?


掃除をこまめにするようになりました。
やはり自分の家だと思うと、汚したくない気持ちが前に出てきます。

あとは、グリーンをたくさん楽しむようになったり、梅仕事を始めてみたり、主人とDIYするなど…。
休日の過ごし方が少し変わったように思います。

今後挑戦していきたいことは、DIYを極めることです(笑)。
リビングテーブルを作ったり、お庭を手入れしたりと、自分達でやれることをもっと増やして、オリジナルで心地よい家にしていきたいです。

物件情報

  • 所在地:名古屋市郊外
  • 種別:戸建
  • 延床面積:116.34㎡
  • 築年月:1988年
  • 施工期間:2.5ヶ月

PAGETOP