リノベーションは名古屋のアネストワン

periä

ぺリア 

『periä』とは、フィンランド語で「受け継ぐ」

奥様のご実家である二世帯住宅を受け継ぎ、4世代でお住まいのK様ご家族。
2Fのリビングをメインにリノベーションを決意されました。元々あったロフトの撤去や独立キッチンをオープンにすることで、天井が高く開放的な約25畳のLDKへと間取りを変更。お子様用の勉強スペースや、お父様のお仕事用のワークスペースを設けて、家族それぞれがひとつの空間で過ごしやすい工夫を凝らしています。また収納面も、パントリーやファミリークローゼットを作り、さらには棚に入れる箱や収納する物をプランニング中に決定する事で、サイズがぴったりの造作家具や棚などをプランする事ができました。
お気に入りの照明器具やグレーの塗装壁など、インテリアも雰囲気のある要素がたくさんあり、漆喰壁やオーク床などの素材と共にK様らしい素敵な空間になりました。



施主様にきく 家づくりストーリー 暮らしを、つなぐ。



K様ご家族の紹介


二世帯住宅の2階にお住まいのK様。洋服が大好き!というご夫婦と、元気いっぱいな男の子と、お人形遊びが好きな女の子の兄妹。
そして奥様のお父様と自宅でトリマーのお仕事をされているお母様。

さらに愛犬のくるみの6人と1匹の賑やかなご家族です。

1階には奥様のおじい様、おばあ様がお住まいです。奥様にとって愛着のあるご実家の2階部分を、二世帯で快適に過ごせるようにリノベーションしました。

ご実家をリノベーションすることになったきっかけは?


元々二世帯住宅の2階に父と母、姉と私で住んでいましたが、姉が結婚し、私も主人と結婚して子供たちが産まれ、この家で6人で暮らすことになりました。
ずっと暮らしていたので愛着はありましたが、やはり「家づくり」への憧れがあり、父と母に2階をリノベーションして良いか相談したところ承諾をもらえたので、今回リノベーションをすることに。

リノベーション会社は、好みのお家の施工事例が多く、私たちがイメージした家を作ってくれる気がしたのでアネストワンにお願いしました。

住んでいて気になっていたのは、キッチンが独立していたので、料理や皿洗いなどの時に家族の気配を感じられない所でした。
リビングで声が聞こえるけれど、何をしているのか見に行かないと分からなくて…。

他にも父のPCスペースが十分にとれていなかったことや、廊下が暗いこと、ロフトを撤去したいなど、いくつか改善したいと思っていました。
どんな家づくりを希望していましたか?


設計の方には、「アイランドキッチンにして家族を感じられる空間にしたい」「ワークスペースやスタディスペースを作って、父と母や子供たちが過ごしやすい家にして欲しい」と伝えました。
実際にドアの形やキッチンの造作棚など、自分の理想の形が図面になった時はテンションが上がりました!

でも、木材の種類やタイルなど細かい仕様を選ぶのは難しかったです。
自分の頭の中でのイメージを信じて決めたので、これで大丈夫なのかと心配で、家族や担当の方にたくさん相談しました。
同じ素材を使っている施工事例を見せてもらって何とか決まりましたが、本当に大変でしたね。

毎日メールで相談していた頃がもう懐かしくて、それもまた良い思い出です。
叶えるためにしたことは?

部屋のイメージを膨らませるために、いっぱい施工事例を見たりInstagramで情報を集めたりしました。
見学会に参加してリノベーションした方のお話を伺うのもとても参考になりましたよ。

家具を選ぶ時は、Pinterestなどで「この家具を使いたい!」って思って保存した画像を現像して、夢ノートを作りました。
それを持ってインテリアショップ「soup.」の店員さんに色々教えてもらいながら選びました。
家具については全く無知だったので、今回のリノベでだいぶ知識が増えましたね(笑)。

夢ノートは、設計の打ち合わせの時も毎回持っていきました。部屋のイメージや置く予定の家具などを伝える際に、言葉よりも絵や画像の方が伝わると思うのでおすすめです!
住み心地はいかがですか?


とても良いです!リノベーションでイメージ通りのお家になるか不安でしたが、ヘリンボーンの床、キッチンの造作棚の形も思っていた通りだし使いやすい!
キッチンの床はお手入れしやすいように無垢ではなくフロアタイルにしました。
汚れてもサッと拭ける所が助かってます。

TVは壁付けにしたので、とてもすっきりしました。
床にあまり物を置いていないこともあり、掃除がしやすいです。

リビングのドアは、どうしてもガラスに手の跡がよくつくので1日に何回も拭いています(笑)。
でもお気に入りのドアなので苦になりませんし、「こまめに掃除ができていいね!」と母と話しています。

キッチンの造作棚は、打合せ通りの高さの位置で工事を進めていましたが、途中で私の身長に合わせて低い位置に変更してもらいました。
よく使う場所なので使いやすい位置になって良かったとすごく思っていて、ちゃんと使う人の気持ちを考えてくれてるんだなぁと感じました!

お気に入りの場所はありますか?


ポーターズペイントで塗った壁や木材の雰囲気、玄関の眺めです。
主人はリビングのソファからの眺めが気に入っているようです。

友人からも「ちょっとしたカフェみたい!」と好評で、まさしくカフェにいるような落ち着く家にしたかったので嬉しかったです。

そしてリビングのドアとヘリンボーンの床は必ず褒められます!
お茶をいれてダイニングでお話しするなど、リノベーションをしてから家でゆっくり過ごす時間が増えたように感じます。

この家があったことで今の暮らしが叶えられたので、父と母には感謝しています。
もし次に1階をリノベする機会があったらぜひまたお願いしたいです!

物件情報

  • 所在地:名古屋市緑区
  • 種別:戸建
  • 延床面積:116.77㎡(2F施工面積)
  • 施工期間:3ヶ月

PAGETOP