リノベーションは名古屋の一級建築士事務所アネストワン

SOPIVA

SOPIVA

1戸に2フロアある、メゾネットタイプのマンションリノベーション。1階を主寝室や個室、収納部屋などのプライベートフロア、2階をリビング、DK、水廻りのあるパブリックフロアという構成です。リビングと階段を仕切る壁や建具にはできるだけガラスを大きく使い、光と視線を通すことでより広がりを感じることのできるようにプランしました。無垢の床や漆喰壁に囲まれた飽きのこない空間に、古材パネルを使用したカウンターや吊戸が、ほどよいアクセントになりました。
T様ご家族の紹介

日曜大工がお好きな40代のご主人と、週に一回のテニスが趣味という30代の奥様、味のある絵を描く小学4年生のお兄ちゃんと、戦隊ヒーローに夢中な3歳の男の子の4人家族。
アネストワンのリノベーション相談会やイベントにも参加して頂きながら、地域限定で物件を探すこと数年間。ついに念願叶って理想的な物件を手に入れ、T様らしい空間リノベーションされました。
物件探しからリノベーションまではどんな流れでしたか?

今から5年程前、『teniteo』というフリーペーパーを手にとって見てみた事が始まりでした。住宅特集のページにアネストワンさんでリノベーションした方の記事が載っていて、リノベーションって面白そうだなと思ったんです。気になってホームページを見たら施工事例のデザインが好きな雰囲気で、今後の参考にと資料請求をしてからリノベーション相談会へ伺いました。相談にのって頂いたスタッフの方も気さくなキャラクターで話しやすく、物件探しのお手伝いからお願いする事になりました。
しかしここからがなかなか上手く進まず、今の物件にたどり着くまでトータルで2~3年かかりました。学区を限定して探すのを優先していたので思う物件が出て来なかったのです。何件か検討していた所もあったのですがタイミングが合わなかったり、次男の出産で物件探しをしばらく休んでいたり…。諦めかけた時期もありましたが、アネストワンさんから気に掛けて頂いた事もあり、何とかこのマンションと巡り合えました。希望の学区内でもあり外観の雰囲気も間取りも素敵で、諦めなくて良かったと思っています。
物件探しからリノベーションまではどんな流れでしたか?

今から5年程前、『teniteo』というフリーペーパーを手にとって見てみた事が始まりでした。住宅特集のページにアネストワンさんでリノベーションした方の記事が載っていて、リノベーションって面白そうだなと思ったんです。気になってホームページを見たら施工事例のデザインが好きな雰囲気で、今後の参考にと資料請求をしてからリノベーション相談会へ伺いました。相談にのって頂いたスタッフの方も気さくなキャラクターで話しやすく、物件探しのお手伝いからお願いする事になりました。
しかしここからがなかなか上手く進まず、今の物件にたどり着くまでトータルで2~3年かかりました。学区を限定して探すのを優先していたので思う物件が出て来なかったのです。何件か検討していた所もあったのですがタイミングが合わなかったり、次男の出産で物件探しをしばらく休んでいたり…。諦めかけた時期もありましたが、アネストワンさんから気に掛けて頂いた事もあり、何とかこのマンションと巡り合えました。希望の学区内でもあり外観の雰囲気も間取りも素敵で、諦めなくて良かったと思っています。
設計プランの際に、こだわったポイントなど教えて下さい。

もともと新しいものよりもアンティークなど古い味わいがあるものが好きで、リノベーションの際も部分部分で前の面影が感じられるようにしたいと思っていました。物件探しで見に来た時から気に入っていたガラスの間仕切りは、新たに壁をつくり直し輸入ガラスを入れたオリジナルの間仕切りとして再現してもらい、空間の良いアクセントになっています。
また古材の雰囲気を取り入れたいとお願いしたら、キッチンの腰壁や吊戸棚にダメージ加工したオーク材を使ったデザインを提案してもらいました。使い込んでいく事でよりいい味が出てきそうで楽しみです。
そして特にこだわったのは、キッチンのレトロな細長のタイルです。何度もショールームに足を運んで選んだものなので、私自身愛着を感じています。
前の家が全体的に狭く休日は家族が揃うと窮屈に感じる事がよくあったので、開放的な雰囲気にしたいのと収納スペースを設けてすっきりと暮らしたい事をお願いしました。以前はキッチンや玄関の靴箱が使い辛かったのですが、使う場所に応じた収納スペースをつくって頂けた事で今はとても快適になりました。
設計プランの際に、こだわったポイントなど教えて下さい。

もともと新しいものよりもアンティークなど古い味わいがあるものが好きで、リノベーションの際も部分部分で前の面影が感じられるようにしたいと思っていました。物件探しで見に来た時から気に入っていたガラスの間仕切りは、新たに壁をつくり直し輸入ガラスを入れたオリジナルの間仕切りとして再現してもらい、空間の良いアクセントになっています。
また古材の雰囲気を取り入れたいとお願いしたら、キッチンの腰壁や吊戸棚にダメージ加工したオーク材を使ったデザインを提案してもらいました。使い込んでいく事でよりいい味が出てきそうで楽しみです。
そして特にこだわったのは、キッチンのレトロな細長のタイルです。何度もショールームに足を運んで選んだものなので、私自身愛着を感じています。
前の家が全体的に狭く休日は家族が揃うと窮屈に感じる事がよくあったので、開放的な雰囲気にしたいのと収納スペースを設けてすっきりと暮らしたい事をお願いしました。以前はキッチンや玄関の靴箱が使い辛かったのですが、使う場所に応じた収納スペースをつくって頂けた事で今はとても快適になりました。
実際に暮らしてみて、住み心地はいかがですか?

とても居心地良く、前よりもお出掛けが減ったかもしれないです。ここに来てからおもちゃを広げて遊べるようになった事を子供たちもとても喜んでいますし、全力で遊んでいる姿が見れて私たちも嬉しいです。
物件探しの時にはマンションと戸建と両方見ており、学区内で希望に近い物件がここだったのでメゾネットのマンションという事にこだわりはありませんでした。でも住んでみたら戸建のような感覚で生活できる所が良かったです。もう1点気に入っている所は、窓からの景色です。引渡しして頂いたのが丁度桜が満開の頃だったのですが、引渡しの説明などが終わった後せっかくの機会なのでと思い、コーヒーを淹れて皆さんと部屋の中からお花見をしました。毎年この景色を味わえると思うと、とても贅沢な気分になります。
また、遊びに来た友人などみんなに「無垢のフローリングはいいね」と言われます。やっぱり本物の素材は良いのだなと改めて思いました。

ずっと探して手に入れたこの家なので、家族それぞれが「ホッ」とできる場所で有り続けたいなと思います。
実際に暮らしてみて、住み心地はいかがですか?

とても居心地良く、前よりもお出掛けが減ったかもしれないです。ここに来てからおもちゃを広げて遊べるようになった事を子供たちもとても喜んでいますし、全力で遊んでいる姿が見れて私たちも嬉しいです。
物件探しの時にはマンションと戸建と両方見ており、学区内で希望に近い物件がここだったのでメゾネットのマンションという事にこだわりはありませんでした。でも住んでみたら戸建のような感覚で生活できる所が良かったです。もう1点気に入っている所は、窓からの景色です。引渡しして頂いたのが丁度桜が満開の頃だったのですが、引渡しの説明などが終わった後せっかくの機会なのでと思い、コーヒーを淹れて皆さんと部屋の中からお花見をしました。毎年この景色を味わえると思うと、とても贅沢な気分になります。
また、遊びに来た友人などみんなに「無垢のフローリングはいいね」と言われます。やっぱり本物の素材は良いのだなと改めて思いました。

ずっと探して手に入れたこの家なので、家族それぞれが「ホッ」とできる場所で有り続けたいなと思います。

物件情報

  • 所在地:名古屋市昭和区
  • 種別:マンション
  • 専有面積:96.66㎡
  • 築年数:1979年
  • 施工期間:1.5ヶ月

PAGETOP